あなどれないイギリスのマイナーなメイソンジャーたち

Kilnerに続いて、イギリスのヴィンテージ・ジャーをアップしました。マイナーなブランドやブランド名さえわからないジャーたちですが、ガラスの質感はどれも良く、気泡や歪み、シワが見られます。また分厚い作りをしているため重量があって、軽いものでも600g台、最も重たいものはなんと800gもあります。

ボトルや蓋の形状は、同じイギリスのKilnerForsterのOriginalと非常によく似ていて、口のサイズも共通です。コンディションはどれもとても良くて、若干の小傷や曇りはあるものの、気になる汚れやダメージは見られません。

口はガラスの蓋を金属リングで締めてとめる、食べ物の保存にも使いやすいタイプ。コーヒー豆やお茶っ葉、ピクルスやパスタなどなど、どれも使って楽しんでもらいたいジャーとなっております。

UGB(United Glass Bottle Manufacturers)
JL & Co
無名のジャー

150